シンプルに生きる

〜Every Sunday Afternoon〜

【シーチキン】マイルドって何?実は原材料から違うツナ缶の奥深さ

スポンサーリンク

片付けしたら身も心も楽になって旅に行きやすくなった"ハチ"です

シーチキン

おにぎりの具ではシーチキンマヨが一番好きです

登山する時はとりあえずシーチキン

腐りにくい梅干しも一緒に買うとテンションが上がります

ハチさんにとってそれぐらい重要なシーチキン

最近まで何も気にしてませんでしたが

実は「マイルド」って商品があります

油の使用量の違いだと決めつけていましたが

改めて原材料を見たらビックリ

そこに違いがありました

今回はシーチキンの違いを調べてみました

 

シーチキンL『マグロ』

tuna1

シーチキンは「はごろもフーズ」さん商品名称

一般名称では「ツナ缶」になります

今回は店にあったのがシーチキンLだったのでこちらについて

使用しているマグロの種類は2種類

  1. キハダマグロ
  2. びんながマグロ

キハダマグロよりびんながマグロのほうが値段もカロリーも少しお高め

身は白く臭みも少ないのでワンランク上なのがびんながマグロです

 

シーチキンマイルド『カツオ』

tuna2

カツオはマグロに比べて安いので特売になりやすい?!

マグロのシーチキンに比べて少し臭みを感じる人もいるかもしれませんが

  • 低カロリー
  • 栄養価高め
  • 鉄分も高め

女性には『シーチキンマイルド』のほうがオススメの場合もあります

 

ファンシー

びんながマグロで作られていて

形状がブロックタイプのシーチキン

身が大きいのでパスタやサラダにおススメ

 

形状の違い

tuna3

「ブロック(ソリッド)」

身をほぐさずに大きいまま

サラダなどオールマイティに使える

「かたまり(チャンク)」

大きくほぐしたタイプ

塊なのでカレーや煮物などに使える

「フレーク」

フレーク状に細かくほぐしてある

『ツナフレーク」はこれのこと

細かいのでサラダやおにぎりに最適

油漬

調味液の約半分以上が油のシーチキン

味わいは濃厚

水煮

油を使わず水や野菜スープだけで仕上げたもの

あっさりヘルシー

 

まとめ

調べてみたら大きな違いがあったツナ缶

調味液にも「油入り水煮」や「素材そのまま」「食塩・オイル無添加」などもあります

オリーブオイル使用のヘルシー志向商品なんてのもあります

料理によって多種多様に使い分けることができる万能食品

色々食べ比べて自分好みを探してみてはいかがでしょうか

 

今日はここまで

ではまた明日

人生を「俯瞰」し思考をシンプルに「整え」生活をミニマムに「維持」する

ハチでしたー

Copyright © 2019 シンプルに生きる All rights reserved.