シンプルに生きる

キャンプとバイクと日常

【最強キャンプギア】ご飯が美味しく炊けるメスティン トランギアメスティン

片付けしたら身も心も楽になって旅に行きやすくなった"ハチ"です

 

mes1

今年を表す漢字「令」に決まりました

新しい時代になっても変わらず良いものはあります

「外でも炊きたてのご飯が食べたい」

そんな思いを実現するのがイワタニ・プリムスが展開するトランギア「メスティン」

キャンプ初期から利用しているのでご紹介します

トランギア メスティンTR-210

mes2

メスティンには2サイズあります

普通のとラージサイズ

ハチが愛用しているのは普通サイズの方です

メスティンの中に

  • エスビット(ポケットストーブ)
  • 米(一合)
  • 固形燃料とライター
  • 木製スプーン

を収納して百均の保温弁当バックに入れてあるのが「メスティン最強セット」です

水があればどこでも炊きたてご飯が食べられるようにしてあります

水加減が美味しさの秘密

mes3

一合分のお米を洗ったら水を写真の赤い線まで入れます

30分水に漬けるとふっくら炊き上がります

水加減は調べるとリベットの中間や下など色々ありますが、ご飯を美味しく炊く方法は「沸騰」させることにあるのでハチは少なめにしてます

好みの固さや炊き込みご飯など料理によって変わりますが、目印はリベットです

固形燃料を活用すべし

mes4

「最初ちょろちょろ中ぱっぱ、赤子泣いても蓋取るな」とはご飯を炊く時に欠かせない言葉

しかし、意味はわからないのでエスビット(ポケットストーブ)に百均で買った固形燃料を置いて火を付けます

固形燃料の燃える時間が約25分で

最初は強火で固形燃料が減るに連れて火力が落ちていきます

この一連の火加減がメスティンでご飯を炊くのに向いているのです

つまり、固形燃料に火を付けたら後は放置するだけで美味しく炊き上がります

 

蓋に重しをしておかないと噴きこぼれます

レトルト食品だと一緒に温めることができて燃料の節約と時短になります

蒸らすと美味しさ倍増

mes5

固形燃料が燃え尽きたら保温バックに入れて逆さまにして底を叩いて蒸らします

濡れタオルで包んでも代用できますが、熱々なのでこの作業は火傷に注意しながら行いましょう

30分ほど蒸らすと美味しさ倍増します

保温バックを使うのはご飯が冷めない役目も果たしてます

外気温に要注意

mes6

メスティンはアルミ製のクッカーになります

熱伝導効率が良いので固形燃料でも美味しく炊くことができます

しかし外気温が低かったり、風が強いとメスティンが冷えてしまって沸騰せずに蓋を開けたら「水浸しの米」を見つめることもしばしば 

今回も風が強くて沸騰せずに失敗しました…

失敗しても諦めない

寒い日や水浸しの米になってしまった時はバーナーを使って強火で一度沸騰させます

メスティンの本体と蓋の隙間から水滴が溢れてきたら沸騰の合図です

中火で10分、弱火で5分

30分蒸らして美味しく炊けます

まとめ

mes7

いかがでしたでしょうか?

炊き方の火加減のおさらいは

  1. 強火で沸騰させる
  2. 中火で10分
  3. 弱火で5分

になります

固形燃料の燃焼と同じなので25分を目安に挑戦してみてください

蓋に重しをするのも忘れずに!!

アレンジレシピも多数存在するメスティン

調理用のクッカーで悩んでいるなら検討してみてはいかがでしょうか

 

関連記事

www.ggg750.com

www.ggg750.com

www.ggg750.com

www.ggg750.com

www.ggg750.com

今日はここまで

ではまた明日

人生を「俯瞰」し思考をシンプルに「整え」生活をミニマムに「維持」する

ハチでしたー

Copyright © 2019 シンプルに生きる All rights reserved.