シンプルに生きる

〜Every Sunday Afternoon〜

【十三里】栗よりうまい芋の名は

スポンサードリンク

片付けしたら身も心も楽になって旅に行きやすくなった"ハチ"です

さつまいも 

www.ggg750.com

時は江戸時代

京都に焼き芋屋さんがオープンしたそうな

その焼き芋屋さんの看板には

八里半」の文字

当時、さつま芋と言えば蒸したもの

焼いた芋が栗にも匹敵する美味しさのことから

「栗(九里)にはやや及びませんが」と

洒落を利かせた「八里半」

 

江戸でグレードアップ

江戸時代(寛政のころ)、焼き芋は江戸に伝わる

江戸の焼き芋屋さんも京都と同じように「八里半」の看板を掲げたそうです

が、小石川の焼き芋屋さんが

「十三里」と名付けた

栗(九里)より(四里)美味い十三里

という洒落が江戸っ子に大ヒット!!

「さつま芋=十三里」となりました

その他の説

美味しいさつま芋が江戸から十三里離れた所にあったため「十三里」と呼ばれるようになった説も

おまけ

秋と言えばさつま芋

秋のさつま芋はとても美味しいので「十三里半」と呼ばれることも

 

10月13日はさつま芋の日

sw1

1987年埼玉県川越市の「川越いも友の会」が旬にあたる10月13日を「さつま芋の日」と定めました

 

まとめ

1日遅れてしまいましたが、台風で被災した千葉県産のさつま芋が安く売っていたのでご紹介

焚き火で焼き芋すると美味しい季節

食べることも地域復興につながります

 

今日はここまで

ではまた明日

人生を「俯瞰」し思考をシンプルに「整え」生活をミニマムに「維持」する

ハチでしたー

Copyright © 2019 シンプルに生きる All rights reserved.