シンプルに生きる

〜Every Sunday Afternoon〜

【始動不良】GSR750 スターターモーターブラシ交換

スポンサーリンク

片付けしたら身も心も楽になって旅に行きやすくなった"ハチ"です

エンジンが掛からない

GSR750のエンジンが掛からない!!

正確にはスターターモーターのリレーがONするけど、スターターが回らない

カチカチ音がするだけでエンジンが掛からない

何度かスイッチ押すと掛かる

バイク屋さんで見てもらったところ

『スターターモーターのブラシが削れてるのでは?』

とのこと

今回はGSR750のスターターモーター脱着、分解、ブラシ交換の記録

 

注意点

smt4

スターターモーターは常にバッテリーから電気が流れてます

この大きい端子が【B端子】

この端子と工具なりが金属部にあたるとショートします

最悪感電するので、作業する時は

必ずバッテリーのマイナス端子を外して作業すること

 

スターターモーター

smt1

GSR750だと車体の右側からそのまま見えます

スタータースイッチを押すとこの中身が回って、ギアとギアを動かしてクランクシャフトを回してエンジンが掛かります

エンジンをスタートさせるモーター『スターターモーター』

 

smt5

固定ボルトを外してスターターを取り外して点検

車だと先端の部分が飛び出すんだけど

ピニオンに歯当たりがあるので常時噛み合ってるみたい

車のように「飛び出し不良」ではなさそう

中のブラシが摩耗して電気が流れてない??

 

分解・点検

smt2

部品が届いたとの事でバイク屋さんへ

ピニオン側を抑えつつ反対側だけ分解

 

smt3

左が新品

右が交換前

2〜3mmほど摩耗してる

思ったより減って無いとのこと

分解しちゃったので交換

 

まとめ

『エンジン掛からない』は

『身体が痛い』と同じぐらい原因と現象があります

どんな風にエンジンが掛からないか?

をキチンと伝える事が修理への近道

今回はブラシを交換後、スターターを手で回してみたら手応えが変わったので

治りそうな予感

実際、家に帰ってから組み直してスターター回したら新品同然に力強く回ってくれました

「お気に入りに囲まれて毎日暮らす」

シンプルライフの目指す場所

壊れたからといって買い換える前に、修理できるか検討してみてはいかがでしょうか

 

今日はここまで

ではまた明日

人生を「俯瞰」し思考をシンプルに「整え」生活をミニマムに「維持」する

ハチでしたー

Copyright © 2019 シンプルに生きる All rights reserved.