シンプルに生きる

キャンプとバイクと日常

【1万円以下】SOOMLOOM 冬用シュラフとしては格安!?【コスパ最高】

片付けしたら身も心も楽になって旅に行きやすくなった"ハチ"です

 

1万円以下のダウンシュラフがあるの!?

ダウン量も800gだから冬用ね

 

コスパ最高のSOOMLOOM その安さの秘密は↓↓

soomloomダウンシュラフ

slm6

1万円以下で買えるダウンシュラフがあります

メーカー名は「SOOMLOOM」

 

シュラフややタープ、焚き火台を含むアウトドア商品を初め、腹筋ローラー などのフィットネス用品も取り扱うブランドです

 

どれもこれも激安なので気になる方は一度チェックしてみるのもおすすめします↓↓

 

今回購入したのは「DFP650」の「ダウン量800g」のシュラフです

一万円以下でどれほど暖かいのかしら

DPF(ダウンフィルパワー)は復元力のこと

slm4

シュラフ用語にDFP(ダウンフィルパワー)があります

 

イスカ【エアー450】は800FP・羽毛量430g

SOOMLOOMは650FP・羽毛量800g

 

羽毛の産地や種類によっても差がありますが、FPが大きいほど少ない羽毛でも大きくシュラフを膨らますことができます

フィルパワーとはダウンの復元力のこと

 

イスカの【エアー450】を比較対象にして説明します

 

キャンプツーリングや山行でもそうですが、シュラフをそのまま持ち歩くと大変かさばります

通常はコンプレッションして圧縮して持ち歩きます

 

写真の状態がコンプレッションして圧縮した状態になります

 

この状態からキャンプするときにテントの中で広げて寝袋として使います

家の布団で例えると、ぺちゃんこの布団より太陽に当てて日干しした布団の方がふっくらしてますよね?

 

キャンプ場では夕方にサイト入りしたらその時間を確保することはできません

この時にどれだけシュラフをふっくら広げることができるか

その力がFP(フィルパワー)になります

フィルパワーの数値が大きいほど羽毛の復元力が強くなり

ふっくらしたシュラフを使うことができるのよ

空気の層を作ることが大事です↓↓

www.ggg750.com

SOOMLOOMも純正のカバーにコンプレッション機能が付いてます

が、圧縮しようとすると袋が破れそうなので圧縮するの諦めました

 

安さの秘密は羽毛量? 

slm3

イスカの羽毛量の約2倍羽毛が入っているのがSOOMLOOMのマミーシュラフ

3シーズン用の【エアー450】と比べると完全冬用なのがわかります

 

厚いダウンと薄いダウンジャケット、どちらが暖かいかといえば、厚いダウンの方が暖かいですよね

空気の層で外気温をシャットアウトするのが羽毛の保温方法です

 

薄いダウンジャケットでも暖かいものは、FP(フィルパワー)が高く高品質な羽毛を使っていることになります

安さの理由はたくさん羽毛を詰めてるってことかな

有名メーカーだと半分以下の重量で倍の保温力があるものあるからね

www.ggg750.com 

700フィルパワー以上を高品質ダウンとされます

一般的なダウンよりダウンボールが大きく、小羽枝の密度が高い方が熱の動きを遮断するデッドエアを多く蓄え、優れた保温力となります

器量コンパクトで暖かいシュラフはFPの数値も高く、値段も高くなっていきます

ここがすごいぞSOOLOOM

slm2

SOOMLOOMマミーシュラフは撥水生地になってます

 

羽毛の弱点として「水に濡れると使えない」ことがあります

これは、中の羽毛が膨らまずに空気の層を作ることができないためです

 

冬にキャンプするときはシュラフを湿気や結露から守ることが何よりも優先されます

シュラフカバーを用いて結露対策をしますが、結構値段がします

 

その点、SOOMJOOMのシュラフは撥水生地になっているので少しの水気なら安心です 

撥水加工されてるからテントが結露しても使える!!

初心者にも安心して使えるわね

 

slm1

内側にフラッペが付いてます 

メーカー公称のコンフォート(快適使用)温度は-5℃〜-10℃

 

あくまで目安ですが、フラッペのおかげで首まわりから熱が逃げにくくなってます

有ると無いとでは段違いなので、冬用シュラフとしては欠かせない装備です

冬用シュラフとしては格安でコスパ最高 

ダウンシュラフは高くてちょっと手が出ない

でも、化繊ダウンは多くて重たいからダウンがいい

そんな人におすすめのSOOMLOOMのダウンシュラフ

 

羽毛量も400g,600g,800g,1000g, 1200g,1500gと幅広く展開してます

使いたい季節に合わせてこのシリーズだけで完結もできそうです

 

平地での冬キャンプなら800gのシュラフでも良さそう

バイクには積むには大きすぎるけどね 

 

 

関連記事

今日はここまで

ではまた明日

人生を「俯瞰」し思考をシンプルに「整え」生活をミニマムに「維持」する

ハチでしたー

Copyright © 2019 シンプルに生きる All rights reserved.