シンプルに生きる

キャンプとバイクと日常

【簡単】包丁やナイフを研ぐなら京セラダイヤモンドロールシャープナー"DS20S"がコスパ最強

片付けしたら身も心も楽になって旅に行きやすくなった"ハチ"です

 

kys1

キャンプ時のブッシュクラフトナイフや毎日の料理にも必要なキッチンツールといえば包丁

愛用の包丁やナイフの切れ味には満足していますか?

包丁やナイフの切れ味が落ちた場合「研ぐ」必要があります

和包丁(片刃)と違って家庭用包丁やナイフ(両刃)を研ぐのはちょっとハードルが高いイメージ

「研ぎ方もわからない」そんな人が気になる商品が砥石より簡単そうな「シャープナー」

今回はスーパーの惣菜コーナーで包丁を研いでいるハチさんが一押しのシャープナーをご紹介します

驚くような切れ味を簡単に取り戻せます!!

簡単に切れ味が戻るシャープナー 

kys2

出典:https://www.kyocera.co.jp/prdct/kitchen/index.html

 「包丁を研ぐ」と聞いて一番最初に思い浮かべるのが砥石

砥石とシャープナーでは切れ味を回復させる原理が違います

  • シャープナー

硬いセラミックでは先を荒らし、食材に引っかかりやすい状態を作り出して切れ味が回復した様な状態を作り出します

  • 砥石

包丁やナイフは使用していくうちに刃こぼれしていきます。刃こぼれした刃先を削り、新たに切れ味のいい状態を作り出します

 

そのため注意していただきたいのが、シャープナーばかり使いすぎないこと

シャープナーは刃先を荒らして切れ味を回復させるので、シャープナーで研ぎ直しても切れ味が戻らなくなってきます

定期的に砥石で刃先を研ぎ直すことで、長く愛用することができます

5秒で包丁が研げる!!

京セラダイヤモンドロールシャープナー DS20S

kys3

出典:https://www.kyocera.co.jp/prdct/kitchen/index.html

 

数あるシャープナーの中で一押しなのが【京セラダイヤモンドロールシャープナー DS20S】

ショッピングセンターやホームセンターのキッチン用品売り場で手に入る優れもの!!

 

包丁を研ぐ部分がロール状になっているロールシャープナー

水なしで使用することができ、本体の切れ目部分に包丁の刃を押し当てて手前に5回ほど引くだけ抜群の切れ味を実現します

コンパクトなので置き場にも困らず、使用後は水洗いして軽く拭くだけと手入れが簡単なのも魅力的

安全面にも考慮されており低価格、使い方も簡単で扱いやすいので初心者にもおすすめ

 

※ブッシュクラフトナイフの刃先の形状によっては使用できません

まとめ

包丁やナイフの切れ味を取り戻すことができれば、料理をするのが一層楽しくなります

こまめに手入れすることで包丁やナイフにも愛着が湧いてくるはず

包丁を研いだことがない人も簡単なロールシャープナーから緒戦してみるといいでしょう

砥石とも併用して、自分だけの「一振り」を大事に使ってみてはいかがでしょうか

 

関連記事

www.ggg750.com

www.ggg750.com

www.ggg750.com

www.ggg750.com

www.ggg750.com

 

今日はここまで

ではまた明日

人生を「俯瞰」し思考をシンプルに「整え」生活をミニマムに「維持」する

ハチでしたー

Copyright © 2019 シンプルに生きる All rights reserved.