シンプルに生きる

〜Every Sunday Afternoon〜

【パッキング】キャンプツーリングの荷物の積み方

スポンサーリンク

片付けしたら身も心も楽になって旅に行きやすくなった"ハチ"です

キャンプツーリング

キャンツーに行く人なら誰しも通る道

「パッキング」

自分のバイクにどんな風に荷物を積もうか

自作してラックを作る人

荷物を曲芸のように載せる人

千差万別

旅を重ねる毎に積み方や荷物が変わっていくのもキャンツーの楽しみ

ハチさんは「撤収のしやすや」を一番に考えているけど実際は、、、

 

pb1

仕事中に色々草案を出してメモメモ

今日はパッキングの仕方を考えて直します

 

パッキング(旧)

pb2

今まではロックストラップを使って固定

ロックストラップ自体をキャリアに固定しなければならなかったので、写真の黄色のようにしか取り回しができなかった

※緑色は上のツーリングバッグの固定ベルト

多少のズレは仕方ないけど、毎回ロックストラップをキャリアに付け直すのが億劫だった

ツーリングバッグの固定ベルトも複雑に取り回して留めていたので面倒だった

 

パッキング(新案)

ずーっと考えた結果

『上から固定する』方法を思いついた

キャンプ用品の入ったホムセン箱はワイヤーラックの上に乗っけてます

 

pb4

このラックに引っかかるタイプのロックバンドで上から固定すれば

  1. スマートに固定できる
  2. 箱の脱着も容易になる

が実現するのでは?

 

仮組

pb3

カバンを固定していたゴムバンドで仮止め

長いのと爪が大きいので脱着に手間取るのでこれは却下

形的には理想形

この長さのゴムバンドを現物合わせか手作りするか悩みどころ

 

ツーリングバッグ固定

pb5

箱の上に載せてあるツーリングバッグの固定方法も変更

ストラップが垂れ下がって危険だったのだ

二つ併せて輪を作り、フタに通す形を作ってみた

これでもまだ長いんだけど、欲しいストラップはこんな感じ

フタからストラップのロック部分が出てれば垂れ下がることも無くなり、タイヤに巻き込まれる危険も皆無

撤収も蓋を閉めて固定するだけ楽チン

 

まとめ

キャンプツーリングを始めて5年

装備やパッキング方法は色々変えましたが

『もっと楽したい』思いでパッキングを見直すことに

考え方が凝り固まっていたのでなるべく新しい考えができるようにメモを手放さなかったので草案も逃さずキャッチできた

今回の草案で

ホムセン箱とツーリングバッグの固定ストラップを車体側(キャリア)で取り回すことがなくなった

のでかなりのストレス軽減

出発準備でストレス

キャンプ場からの撤収でストレス

帰ってきたからの片付けのストレス

から解放されそう

キャンプでリフレッシュできる!!

いつもと違った考え方をしてみるのも脳に刺激を与えるチャンス

レッツ!!Newチャレンジ!!

 

今日はここまで

ではまた明日

人生を「俯瞰」し思考をシンプルに「整え」生活をミニマムに「維持」する

ハチでしたー

Copyright © 2019 シンプルに生きる All rights reserved.