シンプルに生きる

〜Every Sunday Afternoon〜

【2702m】県道最高地点 乗鞍スカイライン走破

スポンサードリンク

片付けしたら身も心も楽になって旅に行きやすくなった"ハチ"です

お盆休み

台風の影響で引きこもろか悩んでたけど

友人が新穂高から縦走して乗鞍岳も登るとのこと

一緒に乗鞍スカイラインを提案したら行くとの返事が

準備万端!!いざ乗鞍へ

 

ほおのき平駐車場

f:id:hachi78smile:20190814205856j:image

乗鞍スカイライン(県道5号)はマイカー規制

バスかタクシー又は自転車(徒歩)では登ることができます

夜走ってほおのき平駐車場に到着

ココが一番近いと思ってたけど

朝6時前に友人到着

自転車組み立てて出発

 

ウォーミングアップ

f:id:hachi78smile:20190814210203j:image

ほおのき平から出発すると乗鞍スカイラインのゲートまで約6kmほどのクライムがある

ウォーミングアップには持ってこい

交通量も多いので安全運転を心がけて

 

平湯峠ゲート

f:id:hachi78smile:20190814210326j:image

乗鞍スカイライン(岐阜側)入り口の平湯峠ゲート

簡単なアンケートに答えつつ熊も出たとのこと

おじさんに心地よく挨拶して出発

16kmの登りだけでどんなもんだろ??

 

乗鞍スカイライン

気持ちがいい

むしろ暑いぐらいの日差しの中出発

日陰が気持ちいい

登りで大事なことは「リズム」

時速5km/hを維持しながら漕ぎつづける

友人は縦走の疲れか速度が上がらず

そのお陰でちょいちょい休みながらのクライミング

16kmひたすら登り続ける

計算しても約3時間以上はかかる

熱中症に気をつけつつ登る

 

f:id:hachi78smile:20190814211405j:image

絶景に脚を止めつつ登る

たまにやってくるバスにも気をつけながら登る

ローディーの人が抜かしながら挨拶してくれる

登山に通じる紳士的なモノを感じつつ

挨拶をしながら登る

 

f:id:hachi78smile:20190814211716j:image

雲を下に見つつ登る

「スカイライン」て呼べる景色があるとやっぱ走って良かったて思えて疲れも吹っ飛ぶ!!

訳もなくこの時点で9時45分

登り始めて3時間

暑いし苦しい

その三倍楽しい

 

f:id:hachi78smile:20190814211046j:image

友人に比べて体調がすこぶる良いハチさん

鼻歌クライミングしながら登っていく

「ひーめひめ」って歌いながら登る登る

 

f:id:hachi78smile:20190814215505j:image

山頂付近はガスってきた風も強いので晴れ間もちょこちょこ

乗鞍岳のスタート地点までもうちょっと

今回の本当の目的が今、始まる

 

県道最高地点

nori8

 

nori14

道に迷いつつ

登頂\( 'ω')/

 

f:id:hachi78smile:20190814215722j:image

岐阜県と


f:id:hachi78smile:20190814215717j:image

長野県の県境が

自力で走ってこれる最高地点

2702m

エコーライン(長野側)からも続々と走者が達成の喜びを表している

 

畳平駐車場

f:id:hachi78smile:20190814215925j:image
f:id:hachi78smile:20190814215928j:image

f:id:hachi78smile:20190815235532j:image

バス、タクシーで登ってきた場合はココが終着点

お土産屋さんや御朱印も貰えます

最高地点の看板もそこらへんに置いてあった

 

百名山「乗鞍岳」の登山口もここからになります

こちらは後半で

 

ユーチューブ

youtu.be

 

まとめ

5月から登ると宣言した乗鞍スカイライン

当初の予定と違って空荷で登ること4時間

無事登頂!!

ひたすら登り続ける修行かなんかです

時速5km/hを意識しながらペースを変えずに黙々と登る

クライマー名利に尽きる達成感と充実感

乗鞍岳登頂までが今回のイベントなので喜び半分で気合を抜かずに

 

今日はここまで

ではまた明日

人生を「俯瞰」し思考をシンプルに「整え」生活をミニマムに「維持」する

ハチでしたー

Copyright © 2019 シンプルに生きる All rights reserved.