ハチ火クラフト

キャンプとバイクで自由に生きる

【ストレッチするシュラフ】むちゃくちゃ良いです!! 冬用シュラフで迷ったらモンベルのダウンシュラフがお勧め

片付けしたら身も心も楽になって旅に行きやすくなった"ハチ"です

 

キャンプを始めるなら絶対に必要なのが「シュラフ」

買い換えようか悩んでいたら『モンベルの「ストレッチするシュラフ」むちゃくちゃ、良いよ』との情報をもらいまいたので、調べてみました

 

冬用シュラフを考えている人にも必見です

冬キャンプ初心者に立ちはだかる大きな壁

mons1

出典:モンベル - アウトドア総合ブランド

モンベルストアに行って驚くことはその種類の多さです

実際に店舗に足を運んでシュラフ売り場に聞くと圧倒されて何を買っていいのかわかりません

実際、ハチさんも初めてのシュラフ何を買っていいのかわからずに

友人が使っていたモンベルの化繊シュラフを買いました。

アウトドアに通じた知り合いがいないと一人で買うにはかなり悩みます

ストレッチするシュラフを勧められる理由

mons2

出典:モンベル - アウトドア総合ブランド

使用期間やシーン別で選ぶと途方にくれるので「冬用シュラフ」に絞って探していらモンベル独自のストレッチシステムを利用したシュラフを勧められました

ハチさんも体が小さい(細い)ので

シュラフが伸びても意味あるの?

と真剣に思って必要性を感じませんでした

ポイントは伸縮率

mons3

 出典:モンベル - アウトドア総合ブランド

スパイラルストレッチ システムの説明図を見ると「伸びる」ことが強調されています

指摘されるまで盲点だったのが

「ストレッチ」って、実は「伸びる」ことが重要なのではなく、「普段は縮んでいること」ことが重要なんですよね?

体に沿うようにタイトな設計にできるのでデッドエア量を少なくできるわけで、特に冬用シュラフで活きるシステムです。ほんと冬用は特に一度使うと「これ以外あり得ん」てほど良いよ

キャンプ用品で色々教えてくれる「ジンベエ親分(元flying-frog)@flying224frog」さんに教えてもらってモンベルのシュラフが冬キャンプに向いているのと実感しました

知っておくと便利な表記

モンベルのシュラフには「ダウンハガー650 #3」など番号が付いています

数字の意味として

冬:#0>#1>#2>#3>#5>#7:夏

と番号が小さくなるにつれてリミット温度(人間がまともに眠れる下限温度)が変化します 

寒がりなハチには#3か思いきって#2にしようか悩みます

シュラフの番手ですが、カタログの数値はあくまでも下着ほどの裸に近い状態の数値なので、「少し寒いかも?」くらいの番手の方がフィットする場合が多いです

シュラフの番手の目安です

  • #7(リミット温度:8℃程度)夏の主に平地用。1シーズン
  • #5(リミット温度:4℃程度)夏用。登山用としては使用期間は短い
  • #3(リミット温度:0℃程度)3シーズン用。軽量・コンパクト性、価格とバランスのとれた一番人気
  • #2(リミット温度:-4℃程度)3.5シーズン。氷点下になる紅葉時期登山も対応出来る。冬季キャンプツーリングでも使用を考えられるモデル
  • #1(リミット温度:-10℃程度)日本国内の残雪期登山、キャンプであれば厳冬期除いた3月~12月 に使える。真冬の極寒キャンプに行く専用シュラフ
  • #0(リミット温度:-18℃程度)日本国内の厳冬期登山、キャンプ向け。バイクではいけないところに行く山行モデル
  • EXP(リミット温度:-22℃)主に局地遠征、海外の高山遠征向け

リミット温度(下限温度)

モンベルのシュラフには「リミット温度」の表記があります

これは「一般的な男性(25歳/70kg/173cm)」がシュラフの中で丸くなって快適に眠れる温度です(ヨーロッパ規格)

コンフォート温度 (快適温度)

モンベルのシュラフにはリミット温度の他に「コンフォート温度」の表記があります

快適温度とも呼ばれ「一般的な女性(25歳/60kg/160cm)」が快適に眠ることができる温度域。初心者ユーザーも安心して眠ることができます 

リミット温度もコンフォート温度もヨーロッパ規格なので日本人には当てはまらない場合があります

実際にシュラフを使っていたハチさん独自の感想としては、#3(リミット温度0℃)の場合は外気温10℃ぐらいが目安です

テントの種類や体温の違いなどありますが、3〜4℃ほど北欧人との快適温度が違うと言われています

まとめ

いかがでしたでしょか?

今使っているイスカのシュラフから羽根が飛び出すので買い換えようかと悩んでいたところにお勧めしてもらったのでモンベルの「ストレッチするシュラフ」を調べてみました

シュラフが伸びることに目を奪われていて本質的なことを見落としていたので大変勉強になりました

冬用シュラフでお悩みの方、伸縮するシュラフと伸縮するシュラフならどちらを選びますか?

この記事も一緒に読まれています

www.ggg750.com

www.ggg750.com

www.ggg750.com

www.ggg750.com

www.ggg750.com

今日はここまで

ではまた明日

人生を「俯瞰」し思考をシンプルに「整え」生活をミニマムに「維持」する

ハチでしたー

Copyright © 2019 シンプルに生きる All rights reserved.