ハチ火クラフト

キャンプとバイクで自由に生きる

【タープスペース付き】Naturehike(ネイチャーハイク) Hiby3が軽量でコスパ抜群

片付けしたら身も心も楽になって旅に行きやすくなった"ハチ"です

 

ネイチャーハイクは最近評価がいい中華製アウトドアメーカー

ツイッターのフォロワーさんの画像から存在を知ったテントもネイチャーハイク

広い前室がありつつ低価格と興味が尽きないので調べてみました

Naturehike(ネイチャーハイク) Hiby3

n1

出典:https://www.amazon.co.jp

 圧倒的なコスパの良さから大注目のネイチャーハイクのテント

安いのに品質が良いとベテランユーザーからの声もちらほら

一方、情報も少ないので手を出すには勇気がいるのもこのテント

タープ要らずで前室が作れる魅力的なテントが「HIby3」

タープ要らずで抜群の居住性

n2

出典:https://www.amazon.co.jp

「Hiby3」の特徴といえばタープ要らずの大きな前室です

小川テントの「ステイシーST-2」と同じ110cmの前室はタープを張らずともキャンプ場でゆっくりするには十分なスペースです

スペック 

n3

サイズ:310(全長)x163(幅)x120cm(高さ)

収納サイズ:54x17cm

重量:2560g(ペグ、グラウンドシートの重量含まれていません)

総重量:3150g

テントフライ材質: 20Dシリカゲルナイロン(片面)、PU防水4000mm

グランドシート材料:150Dオックスフォー

インナーテント材質:20D防水シリカゲル生地/210Tチェック柄ポリエステル+高密度B3ナイロンガーゼ

フレーム材料:7001航空アルミ

 

専用のグランドシートも付いてきます

耐水圧4000mmと日本の豪雨にも負けずに雨の日も安心して過ごすことができます

 

コンパクトとはいきませんが軽量なテントになります

バイクでは外に括りつけてパッキングする形をお勧めします

 

これだけの機能を備えつつお値段驚きの

20,900円

2019/12/13時点、アマゾンで2,000円オフクーポンが付いています

まとめ

いかがでしたでしょうか?

完全自立型なのでペグダウンせずともテントを立てることができます

  • 前室は左右両方に出入り口があるので左右を大きく開くと開放的
  • グランドシートの向きがわかりにくい
  • 設営は15分なので旅には不向きだけどキャンプを楽しむのはあり など

使っている人の意見をまとめても冬キャンプ用のテントとしては良さそうです

フライだけでも自立するので夏場でもタープ代わりに使えます

これはなかなか良いテントと評価してます

 

関連記事

www.ggg750.com

www.ggg750.com

www.ggg750.com

www.ggg750.com

www.ggg750.com

今日はここまで

ではまた明日

人生を「俯瞰」し思考をシンプルに「整え」生活をミニマムに「維持」する

ハチでしたー

Copyright © 2019 シンプルに生きる All rights reserved.