ハチ火クラフト

キャンプとバイクで自由に生きる

【迎春】焚き火を囲んで過ごすお正月 今年の抱負発表

片付けしたら身も心も楽になって旅に行きやすくなった"ハチ"です

 

明けましておめでとうございます

 

三が日はしっかり休みつつ、焚き火初めも行い充実してすごせました

 

今年もよろしくお願いします

初日の出ライド

ga1

朝5時出発

10km走れば太平洋に出れるけど「日の出の石門」から望む御来光を拝もうと伊良湖岬の先端までポタリング

向かい風なので2時間かけて到着

日の出は6:58なのでギリギリ間に合いましたが、石門にはカメラマンが複数いて撮れなかったのと、iPhoneSEだと綺麗に撮れなかったのでバロン(ロードバイク)が映るところで初日の出を拝みました

ワイルドチキン

ga2

先輩と焚き火初め

焚き火で料理はしませんが、先輩が食材をたくさん買ってきてくれたのでワイルドスタイルで料理しました

美味しい!!

ステンメッシュ焚き火台は五徳を置くことができないので火加減がかなり難しく、すぐに焦げてしまうのが弱点

百均の足が着いた焼き網台を使ってみましたが、火力が弱まってしまった時は薪を追加することもできずに悪戦苦闘

焚き火台から五徳まではある程度の距離がある方が使いやすことがわかりました

現実的ではないけど、トライポッドで料理をするのが望ましいけど

バイクでは積んでいけないので小さい調理用の焚き火台に炭を移して料理するのが理想的

今回は写真に写ってないけどB-6君にも火入れして鶏肉焼きました

結果的には薪を燃やした炭を使ったけど、「大きな炭」を持って行って炭火調理した方が良かった

初めての焚き火料理だし色々失敗したけど

外で食べると美味しい

から全て良し

ブッシュクラフト体験

ga3

モーラナイフのブッシュクラフトナイフを購入

バトニングでの薪割り体験も今回初挑戦!!

刃を当てて背の部分を軽く叩くだけで「スパッ」と割れた

握れる太さの薪割りなら十分な切れ味です

キャンプ場で手にはいる太い薪を割るには骨が折れそうなので

斧かナタを持っていくか、モーラナイフのヘビーデューティを追加するか

バトニングに慣れたらおいおい考えていこう

ファイーヤースタータでの着火修行

ga4

名古屋に就職した友人も加えて2日続けて焚き火して過ごすお正月

今回はメインのステンメッシュ焚き火台で大量に薪を燃やして熾火(おきび)を作ってから調整する方法を選択

「ファットウッド(枯れた松の木)をフェザースティック状にしてファイヤースタータで着火してみよう」

とのことで挑戦

結果は全然火が着くきません

  1. ファイヤースターターで火花を飛ばすことがまずできない
  2. ファットウッドをフェザースティック状にできない

2点ともYouTubeでは何度か見たことあったし、簡単そうに火花を飛ばしていたど、いざ実践してみるとそんなともなく火花を飛ばすことさえできなかった

30分頑張ってファイヤースターターを擦り続けたけど着かず

先輩が「シュッ」とやって着けてくれました

単純に技術の違いです

ファイヤースタータで火花を飛ばすのはフェザースティックを上手に作ることができてから

フェザースティック作りを重点的に練習していこう

次男坊の鉄板

ga6

車中泊勢の次男坊()も加えて楽しいひと時

厚さ5mmの鉄板を切り出して育てている「次男坊の鉄板」で今回は鶏肉を焼いていく

B-6君のグリル焼きプレートや焼き網と違って脂が下に落ちないのでジューシーに焼きあがっていく

これが鉄板の魅力的な部分

厚さ5mmもあるので鉄板自体は温まるまで時間が掛かるけど、一度日が回ればムラなく全体を焼き上げてくれる

ソーセージも網焼きより美味しかったので、鉄板の厚みが料理の旨さに比例するんだろうな

3mmの鉄板を作ってもらうことをお願いしつつ鶏肉を頬張る

直火でワイルドに焼き続けた今までと違って焦げもなく味も染み込んで旨い

「外はパリッと中はふっくら」とはこれのこと

ラーメン食べたりおにぎり食べたりコーヒー飲んだり焚き火を囲んで充実した時間を楽しみました

まとめ

皆さんはどんなお正月を過ごされましたか?

ハチさんは新年早々キャンプ三昧で良いスタートがきれました

「できるだろう」と思っていたことが全然できなかったので何事も挑戦してやり続けていくことが上達のコツだと実感

技術として身についたことはそれ自体が自分自身の大きな武器になり、自身にも繋がりますね

今年の抱負は

自分に言い訳をしない

初日の出も「寒い」「眠い」「遠い」「伊良湖に行く意味あるのか」などやらない言い訳ばかり考えてしまいました

2020年はやらない理由より「やりたい」理由があれば自分に言い訳せずにどんどん挑戦していきます

今年をどんな年にするかは自分次第です

 

関連記事

www.ggg750.com

www.ggg750.com

www.ggg750.com

今日はここまで

ではまた明日

人生を「俯瞰」し思考をシンプルに「整え」生活をミニマムに「維持」する

ハチでしたー

Copyright © 2019 シンプルに生きる All rights reserved.