シンプルに生きる

キャンプとバイクと日常

【焚き火セット】ファイヤスタータと麻の紐で経済的に焚き火を楽しもう

片付けしたら身も心も楽になって旅に行きやすくなった"ハチ"です

  

 

ライターを使わずに着火できるようになりました!!

麻の紐とファイヤースタータね

 

焚き火の火起こしセットをご紹介します↓↓ 

焚き火セット 

fs6

先輩からもらった【ファイヤースタータ】

火花を安定して出せるようになったので火起こしセットを作りました

  • ファイヤースタータ
  • 麻の紐
  • ファットウッド

この3つとナイフで焚き火セットとしてます

ファイヤースタータで火起こしができるメリットとして「ライター」が要らなくなります

火口としてティッシュや着火剤を使っていましたが、その必要もなくなったので経済的になります

ちなみに、セリアで買ったファイタースタータでも十分に火花が飛ばせるので問題ないです

経済的な麻の紐

fs4

麻の紐を一本取り出します

奥に見える【麻の紐の束】×5本セットで108円です

園芸コーナーに置いてあるので探してみてくださいね

見つからない場合は百均にも売ってます

取りだした麻の紐も束になっているので、さらに1本取り出します

奥の束だけで100回以上着火ができるということです

劣化することもなく、困った時は紐代わりにもなるのでかなり便利なんです

細いほうがよく燃える

fs3

麻の紐のままだと火が点かないので解きます

この作業が一番面倒くさいですが

時間をかけてでも丁寧に解きます

 

太い木に直接火をつけるのは考えなくても大変です

しかし、割り箸ならライターで火を当て続ければ火がつきます

さらに細い枝なら簡単に火がつきますよね

朝の紐も一緒で細ければ細いほどよく燃えるので解くのが大切なんです

 

勢いに任せると途中で絡まってしまうので根気のいる作業です

一瞬で燃え尽きるので2、3個用意しておくと安心です

焚き火の準備

fs2

火口を用意できたら焚き火の準備です

解いた麻の紐と細い枝を用意します

花粉で人を苦しめてますが、【枯れた杉の葉 】も着火剤としては優秀です

よく乾いた杉の葉をたくさん用意すると着火が容易になります 

火を大きくする 

fs1

着火した後は火が絶えないように薪を焚べ続けます

笑'sのB-6君も燃焼効率が良いのと、大きい薪が乗せなれないので、油断すると燃え尽きてしまいます

この差が焚き火台を選ぶ時の基準にもなります

小さい焚き火台は【炭火】での料理に向いているので、焚き火はおまけ程度だと思います

 

ソロキャンプで荷物を少なくするにはうってつけです↓↓

www.ggg750.com

キャンプ場をよく見てみよう 

キャンプ場には自然が沢山あります

探してみれば落ち葉や枯れ木など落ちてます

焚き火の材料は探せば見つかるものなんです

よく乾いた枯れ木や針葉樹の葉など探してみて火起こししてみませんか?

 

キャンプ場ではこんなことしてます↓↓

www.ggg750.com

www.ggg750.com

 

今日はここまで

ではまた明日

人生を「俯瞰」し思考をシンプルに「整え」生活をミニマムに「維持」する

ハチでしたー

Copyright © 2019 シンプルに生きる All rights reserved.