シンプルに生きる

〜Every Sunday Afternoon〜

GSR750 カスタム記録 2日目 LEDウィンカー修理

スポンサードリンク

片付けしたら身も心も楽になって旅に行きやすくなった"ハチ"です

Rウィンカー修理

垂れ下がったウィンカー

 

c-17

 

付いてるのは「DRC」のLEDウィンカー

オフ車用

転倒しても折れないように

付け根がゴムでできてるのが特徴

 

そして

 

欠点でした

 

何回も立ちゴケしても

折れなかったのも

ゴムのおかげ

 

今回修理して

ダメだったら前後交換しよう

 

スマートなウィンカーのがカッコいい

 

注意点

こちらが配線

c-20

 

配線の色が違います

もちろん

左右の違いがあります

 

反対に付けたり

 

プラス線、アース線同士で繋がない用に注意

 

人間は忘れる生き物なので

自分でわかるようにしておく

 

c-19

 

ライムグリーンが右ウィンカーの配線

アース線も一緒にしておきます

 

ウィンカーを外す

フェンダーレスキットを外します

 

c-18

 

配線が狭い所を通るので

 

取り外し必須

 

ウィンカー交換、ライセンス灯交換時も外す

 

構想図があるので

 

配線を抜き取ります

 

ウィンカー本体を止めてるナット

 

一本づつならナットを通ります

 

c-22

 

5年経って硬くなった保護チューブ

このままでは作業できないので

 

c-21

 

カットしちゃいます

新しいの買ってこなきゃ

 

保護チューブも外して

最後の難関

 

c-24

 

ウィンカー本体のボルト

このままでは通らないので

 

カットします

 

ダメなやり方

c-23

 

配線カットする時は

 

一本づつカットします

 

二本一般にカットすると

ニッパーを媒介して

ショートする可能性があります

 

今回は電源から切り離されているとはいえ

一本づつ切るのを心がけます

 

暗くなってきたので今日はここまで

まとめ

1日1時間ぐらい作業してます

 

ウィンカーの構想図は描けているので

そこに向かって組み上げていきます

 

車ならスペースたくさんあるけど

バイクは限られたスペースでの作業

改めてバイク屋さんの凄さを実感

 

「ダメなやり方」でも書きましたが

慣れているからこそ

基本はしっかり押さえて作業していきます

少しのミスで重大な欠陥に繋がるのが

配線整備です

ミス次第では炎上にもなりかねない作業

気を引き締めて取り掛かります

 

今日はここまで

ではまた明日

人生を「俯瞰」し思考をシンプルに「整え」生活をミニマムに「維持」する

ハチでしたー

※国家整備士2級、実務経験10年による知識と技術で安全に配慮しながら整備してます。参考にされる場合は自己責任でお願いします

Copyright © 2019 シンプルに生きる All rights reserved.