シンプルに生きる

〜Every Sunday Afternoon〜

GSR750 カスタム記録 1日目 ETC取り付け

スポンサードリンク

片付けしたら身も心も楽になって旅に行きやすくなった"ハチ"です

高速道路を快適に

バイクにもETCが取り付けられます

今はETCの普及で

料金もETCカードで支払えます

料金所で財布出してお金のやりとりは無くて済みます

でも、各種割引を受けれるのはETCレーンのみ

支払いはスマートでも

通行券の管理には気を使うもの

付けてたETCのアンテナ線切れたし

キャンペーンで安くなったので

新品取り付けします

カスタム記録

ETCの本体とアンテナが別体のため

アンテナを取り付けるために社外のスクリーンを取り外す

 

c-1

 

c-3

ETCを取り行く時に撮った写真

首元がスースーして寒い

改めてスクリーンの恩恵を感じる

 

スマホの電源も交換します

後付けでシガーソケット付けてたけど

 c-2

雨でサビサビ

充電はしてるけど

コードの配線も断線気味

思い切って交換です

整備開始

社外スクリーン外して

純正スクリーンも外します

c-4

 

からの

 

ガバッと

c-5

 

ETCのアンテナ線と電源線に

アクセスできるようになります

 

ETCはシート裏に置いてあるので

アンテナ配線も後ろまで通ってます

 

タンクもガバッと

c-6

純正ハーネスとタイラップで止めてあるアンテナ線にアクセスします

 

Rシート周りもガバッと

c-7

分解する度に

 

神様にお願いするけど

 

また分解してる

 

ここだけ分解したくないのに

 

ETCの電源はバッテリー付近から分岐してあったので

そこから取ります

 

電源確認

簡単なテストします

 

電気が来てるかどうかは

 

検電テスターが便利

 

バッテリーのマイナス端子と

c-8

 

プラス端子で点検

 

電気が流れていれば

 

検電テスターが光ります

c-9

12vなので光ってます

見えない電気を視覚化できます 

 

ここがETCの電源の分岐点

キーONで12v流れてます

 

c-10

分解してあるのでキーONにしてません

元のETCは繋がってたので大丈夫でしょ

 

端子準備

オスメス端子を使います

接続簡単

加工も簡単

 

ETCの電源線です

プラス側は赤色が多い

 

ショート対策にスリーブを先に通します

後からだと絶対に通らないよ

c-15

 

先端の皮膜は剥いた状態なので

 

端子に入れるために曲げます

 

c-17

 

ボディ側はメス端子だったので

ETCの電源線にはオス端子を使います

 

圧着ペンチで

 

c-16

 

ギュッと

 

c-14

 

前後2か所あるので

外れないようにかしめます

 

電気は金属部分を流れるため

皮膜を剥いて、折り曲げた部分は下側にします

 

c-13

 

バイクのフレーム部分や、金属部分に当たってショートしないように

最後にスリーブをかぶせて

 

完成 

c-12

 

 ボディ側のメス端子につなげて作動確認

と思ったけど

マイナス端子に使うクワガタ端子がなかったので

1日目終了

まとめ

夕方から始めてここまで3時間ぐらいです

電装品取り付け苦手なんです

配線の取り回しのセンスがないんです

あっち通したりこっち通したり

ETC取り付けだけなら終わってたんですけで

R周りを分解したので、Rウィンカー修理とライセンス灯交換もします

火曜までに組み上げ目標で

ゆるゆる楽しみます

 

今日はここまで

ではまた明日

人生を「俯瞰」し思考をシンプルに「整え」生活をミニマムに「維持」する

ハチでしたー

※国家整備士2級、実務経験10年による知識と技術で安全に配慮しながら整備してます。参考にされる場合は自己責任でお願いします

Copyright © 2019 シンプルに生きる All rights reserved.