シンプルに生きる

〜Every Sunday Afternoon〜

【焚き火】知っておいて欲しい道具の知識 銃刀法違反と軽犯罪法について

スポンサーリンク

片付けしたら身も心も楽になって旅に行きやすくなった"ハチ"です

焚き火道具 

cft1

@いらすとや

ツイッターのタイムラインに流れてきた情報

「車にノコギリ積んでたお爺さん、銃刀法違反で逮捕」

焚き火で必要な薪割り用の斧やノコギリ

料理やロープを切るためのナイフ

どうすればいいの?

刃物の所持と携帯、銃刀法違反について調べてみました

 

銃刀法

「何人も業務その他正当な理由による場合を除いては刃体の長さが6センチを超える刃物を携帯してはならない。 」

※折りたたみナイフについては刃渡り8センチ

 

違反すると3年以下の懲役または30万円以下の罰金が処せられます

 

焚き火の薪割り用に必要な斧やノコギリは含まれるのか??

 

『所持』と『携帯』の違い

所持

保管、携帯、運搬など

他の人からナイフを預かって保管している場合も『所持』に当たります

携帯

屋内、屋外問わず、ナイフの持ち主が

「手に持っている」か「服のポケットなどに入っている」など

これに近い状態で持ち歩いているのが認められる場合も含みます

 

日常生活を過ごす住居は含まれませんが

車のダッシュボードの中

は、携帯に見なされます

もちろん、「刀」や「剣」、両方に均等に刃が付いている場合

5.5㎝以上のものは『所持禁止』です

 

正当な目的

アウトドア用品で刃渡りが6センチ以上の物でも

『剣以外』で正当な理由があれば所持できます

アウトドア用の片刃のナイフはOK

ポイントは『正当な目的』

ダッシュボードに置きっぱなしにしていたり、ナイフだけを所持していると

軽犯罪法の『理由の無い刃物の持ち運び』で規制対象に

カバーをかけずに刃がむき出しになっている場合もアウト!!

軽犯罪法

「正当な理由がなくて刃物、鉄棒その他、人の生命を害し、
または人の身体に重大な害を加えるのに 使用されるような
器具を隠して携帯していた者」

に引っかかる場合があります

  • キャンプ用品や釣り道具などと一緒にしておく
  • カバーをかけて箱の中で保管しておく

使用目的が一目でわかるようにしておくのが大事

 

持ち運ぶための正当な理由

  • 買ったナイフを自宅に持ち帰る
  • 修理のためにメーカーや販売店に持っていく
  • 釣りやキャンプなどアウトドアで使うための往路、復路など
  • ナイフメーカーがナイフを売るためにディーラーにナイフを運ぶ
  • 板前さんが店に自分の包丁を持っていく途中

使用していない時は厳重に梱包してなければいけません

 

まとめ

「キャンプや釣りによく行くからダッシュボードに一本」は規制対象になります

 斧やノコギリをそのまま持ってる人が居たら怖いですよね

「ポケットに入るから」って理由でキャンプ用の折り畳みナイフをポケットに仕舞うのも禁止行為にあたります

キャンプ用品やキャンプ用の道具と一緒にしておき、ケースに仕舞っておくのが正しい運搬方法

ルールとマナーを守って楽しいキャンプライフを過ごしましょう

 

関連記事

www.ggg750.com

www.ggg750.com

www.ggg750.com

www.ggg750.com

www.ggg750.com

 

 

今日はここまで

ではまた明日

人生を「俯瞰」し思考をシンプルに「整え」生活をミニマムに「維持」する

ハチでしたー

Copyright © 2019 シンプルに生きる All rights reserved.