シンプルに生きる

〜Every Sunday Afternoon〜

【耐水圧】テント選びで重要なポイント

スポンサードリンク

片付けしたら身も心も楽になって旅に行きやすくなった"ハチ"です

te1

キャンプと言えばテント!!

ハチさんもテントと寝袋とヘッドライトさえあればキャンプができると断言します

肝心のテント

値段やサイズ、形と様々なモノが出ていて迷っちゃいます

そんな時に押さえる重要なポイントとして「耐水圧」があります

そもそも対水圧ってなに?ってことで調べてみました

耐水圧

テントに浸み込もうとする水の力を抑える性能のこと

テントの性能表でも「耐水圧〇〇ミリ」と表示があります

これは生地の上に1センチ四方の水が何ミリまで耐えられるか

ってことを意味します

耐水圧が低いと強い雨に晒されると速くテント内に浸水してしまう可能性があります

なので、できるだけ高い対水圧のテントを選ぶのが大切

耐水圧の目安

te3

テントの耐水圧は低いもので1000ミリ以下から高いもので10000ミリを越えるものまであります

身近にある傘の耐水圧はおよそ200〜500ミリの対水圧と言われています

なんとなくピンとくるかな?

テントは一時的な用途の傘と違って、一晩中雨に晒されることもあります

なるべく耐水圧が高いものを選んだほうが安心してキャンプできます

500ミリ

小雨程度の雨に耐えれる

1000ミリ

普通の雨に耐えれる

1500ミリ

強い雨に耐えれる

テントを選ぶ際はぜひ1500ミリ以上の耐水圧を持ったテントをお勧めします

耐水圧のメリット/デメリット

メリット

  • 激しい雨が降り続いても浸水しない
  • 寒い時期には寒気を遮ってくれる

デメリット

  • 通気性が悪く結露しやすい
  • 夏になると非常に暑い

メリットは言わずもがな雨風寒さ対策に一役買ってくれます

デメリットは「暑い」こと

雨を通さないので風も通しません

ベンチレーションがある場合は上手く使って空気を流してあげるのが大事

 

ダブルウォールテントがお勧め

te2

テントにはシングルウォールとダブルウォールの2種類があります

雨に強いのはテントのインナーにフライシートを被せるダブルウォール型

インナーとフライシートの間に空間があり

フライシートが雨水をシャットアウトしてくれるので雨が降ってもテント内へ浸水しにくくなります

まとめ

テント選びの一つの参考にできる耐水圧

雨の日にキャンプすることは滅多にないですが、キャンプ場があるのは山が多いので天気も変わりやすいです

雨以外にも夜露でテント内が浸水してしまうこともあります

なるべく高い耐水圧で水滴を塞ぎつつ、インナーテントの隙間を確保できるダブルウォールテントから選ぶのをお勧めします

www.ggg750.com

今日はここまで

ではまた明日

人生を「俯瞰」し思考をシンプルに「整え」生活をミニマムに「維持」する

ハチでしたー

Copyright © 2019 シンプルに生きる All rights reserved.