シンプルに生きる

〜Every Sunday Afternoon〜

【レインカバー】バイク用シートバックはネットで留めるのが安全!!

スポンサードリンク

片付けしたら身も心も楽になって旅に行きやすくなった"ハチ"です

7月

7月の雨の多さ

日照時間もかなり短い

憂鬱な気分はきっと低気圧のせい

そんな雨の日でも

バイク乗りは走らなきゃならない時がある

 

突然の雨

雨予報は走りたくないけど

「おっ!?晴れそうじゃね。雨が降ったら帰ってくるか」

って気分で走り出すのがライダー

レインウェアはもちろん

持ち運ぶためにはシートバックを付ける

 

f:id:hachi78smile:20190717014538j:image

GIVIのケースなら問題ないが

ハチさん愛用のシートバック

タナックス

「フィールドシートバック2」

可変式で使い勝手が良いので

愛用者も多い

この心地よい旅を提供してくれる

ミニフィールドシートバッグ2にも弱点はある

そう、雨である

 

防水対策

f:id:hachi78smile:20190717014728j:image

バイク用品はだいたいレインカバーが付いてきます

基本はシートに固定されているので

上から覆いかぶせる形のレインカバーです

ミニフィールドシートバッグ2にももちろん付いてきます

 

f:id:hachi78smile:20190717014831j:image

被せた状態がこちら

上から被せて、リードを引いて終わり

簡単だけど問題点が一つ

走行中に風で飛ばされる事がある!!

最大で27Lまで容量がアップする可変式

そのサイズに合わせてあるので

畳んだサイズ(19L)だとレインカバーが大きいのである

その隙間に風が入ってレインカバーを飛ばしてしまうのだ

 

ハチさんも何度飛ばしたことか

そして、諦めずに探しだして使い続けている代物

飛ばされないための工夫をご紹介します

 

持ってて便利ツーリングネット

f:id:hachi78smile:20190717015340j:image

日本一周の時から使い続けているツーリングネット

だるんだるんに伸びきってしまったので

折って留め具の位置を変えながらサイズ調整してある

ツーリングネットは無くてもいいが

あると大変便利な代物

レインカバーが飛ばされないように抑えておくのもあるが

お土産をくくりつけたり

洗濯物を挟んで走行風で乾かすなど

使い方は千差万別

暇な時はあやとりもできるかもしれない

アイデアを出すにはもってこいのアイテムが

ツーリングネット!!

 

浸水はするもの

ミニフィールドシートバッグ2のレインカバーの風対策はネットがあると安心

ただ、長時間使うと浸水は免れない

レインウェアにしろ、レインカバーにしろ

使っているうちに水が浸水してくる

なぜ?

本当にそう思う時が山ほどある

湿気を逃がし、雨を遮断するのはゴアテックス素材でもない限り安価では無理なのだろう

そのための防水スプレーがあるわけだし

ツーリングに使う直前か一回使ったら防水スプレーをしておくと

荷物が濡れなくて安心です

充電用のUSBケーブルなどは別途袋に入れておくなど

個人で対策するのは必須

誰かに頼っていてはダメだ

考えて行動することがバイク乗りには求められるのだから

 

まとめ

雨の中走る機会が多く、風でよく飛ばされたので

ハチさんなりの対策をご紹介しました

ホムセン箱の上に積んであるので

高い位置にあるものの

風でレインカバーが飛ばされて悲しい思いをする人が少しでも減るように

初めてのツーリングで荷物がいっぱいになっちゃって

「お土産買えないよ」

って人にもおススメのツーリングネット

雨の日は走らないにしても

ゲリラ豪雨は突然やってくる

その時に咄嗟に対処できる人が一人でも増えてくれたら嬉しいです

 

3M 防水スプレー 速効性 衣類 革靴 スニーカー 170ml スコッチガード SG-S170

3M 防水スプレー 速効性 衣類 革靴 スニーカー 170ml スコッチガード SG-S170

 

今日はここまで

ではまた明日

人生を「俯瞰」し思考をシンプルに「整え」生活をミニマムに「維持」する

ハチでしたー

Copyright © 2019 シンプルに生きる All rights reserved.