シンプルに生きる

〜Every Sunday Afternoon〜

【降水量】1時間に〇〇ミリの雨って実際どれくらい降ってるの?

スポンサードリンク

片付けしたら身も心も楽になって旅に行きやすくなった"ハチ"です

天気予報

pre1

天気予報で当たり前のように表現される「降水量」

「バケツをひっくり返した雨」や「滝のような雨」などと耳にするけど

どれくらい降ってるのかわかりにくいので

降水量と雨の強さを調べてみました

 

降水量とは

読んで字の如く「雨や雪の降った量」のこと

特定の範囲内(雨量計など)に降った雨がどこにも流れないと仮定して

その雨がどれぐらい溜まったかを高さで表したもの

雨量計に『1ミリ』の雨が溜まったら

降水量1ミリとなります

1時間なのか一晩かによって雨の強さが変わります

目安として1時間で1ミリの雨が溜まる雨の強さとしています

天気予報でも「1時間の降水量」として表されてます

降水量は小数点切り捨て

降水量1ミリは「1.0〜1.9ミリ」の間

つまり0.9ミリまでは雨が降っていたとしても「降水量0ミリ」と表現します

 

降水量の目安

0ミリ(0.0〜0.9ミリ) 

pre2

フリー写真素材ぱくたそ

霧雨からしとしと雨レベル

傘をささなくても気にならないレベル

 

アスファルトや地面は濡れてない

1ミリ

感覚的に「雨」とハッキリわかる振り方

傘を持って持っていたらさしたくなる

傘を持ってない人は小走りになるレベル

 

地面やアスファルトはしっとり濡れてくる

2ミリ 

雨がしっかり降っている

誰もが傘をさしている

持ってない人は軒下に逃げるか傘を買わないといけないレベル

 

地面やアスファルトは完全に濡れている

5ミリ

本降りの雨

外に出るのが億劫になる振り方

レインブーツがあると安心できるレベル

 

地面やアスファルトに水溜りができる

10ミリ

pre3

フリー写真素材ぱくたそ

出歩くのが困難な雨

傘をさしていても雨の跳ね返りで足元が濡れてしまうレベル

 

木造住宅の屋内では雨の音で会話が聞き取れなくなってくる

20ミリ

「大雨注意報」を気象庁が発令する土砂降りの雨

傘があまり役にたたなくなり、車はワイパーを一番速く動かすレベル

 

寝ている人の半数が雨音に気づく

30〜50ミリ

「大雨警報」「激しい雨」を気象庁が発令する雨

天気予報では「バケツをひっくり返したような雨」で表現される

傘をさしても濡れるので雨宿り必須レベル

 

道路に川ができる

車が高速走行するとハイドロプレーニング現象(タイヤと道路の間に水の膜ができてブレーキが効かなくなる)の危険がある

50〜80ミリ

「非常に激しい雨」と気象庁が表現する雨

滝のような雨で水しぶきであたり一面が白っぽくなり視界が悪くなる

 

傘は役に立たず

都心の下水が対応できなくなる

80ミリ〜

「猛烈な雨」と気象庁が表現する雨

息苦しくなるような圧迫感や恐怖感を、覚えるレベル

 

大規模な災害が発生する恐れがあら

厳重な警戒が必要

1時間の降水量100ミリ

pre4

フリー写真素材ぱくたそ

「1時間で雨が水深10センチまで溜まる」と言う意味

雨が降っている道路や屋根の上などあらゆる場所に10センチ溜まります

この雨水が川や下水にどっと流れます

台風19号で降った雨はこの何倍にもなりました

 

まとめ

天気予報で耳にする降水量について調べてみました

1㎡に降った雨の量が降水量の測り方になるので、雨が降っている地域全体になるともっと多くの雨が降っていることになります

傘を持つかどうかの指標

大雨の時の避難の目安にしてみてはいかがでしょうか

 

今日はここまで

ではまた明日

人生を「俯瞰」し思考をシンプルに「整え」生活をミニマムに「維持」する

ハチでしたー

Copyright © 2019 シンプルに生きる All rights reserved.