シンプルに生きる

〜Every Sunday Afternoon〜

【10月31日】今からでも遅くない!!ハロウィンの起源と由来

スポンサードリンク

片付けしたら身も心も楽になって旅に行きやすくなった"ハチ"です

「トリック-オア-トリート」

お菓子をくれなきゃイタズラするよ

でお馴染みのハロウィン

ここ10年ぐらいで定着した感があります

日本人は異文化を独自の文化に進化させる種族

コスプレ大会と化したハロウィンって何?

今回はハロウィンについて調べてみました

ハロウィン

hw1

フリー写真素材ぱくたそ

ハロウィンの歴史は非常に古い

古代ケルト民族の宗教儀式のひとつ『サフィン祭』が起源と言われています

古代ケルト民族の一年の終わりである10月31日に秋の収穫を祝い、悪霊を追い払う日とされています

日本でいう「お盆」のように死者の霊が家族に会いにくると信じられています

日本のハロウィン

ハロウィンは現在多くの国に伝わり、文化と融合してその国独自の発展を遂げています

日本のハロウィンはアメリカから伝わったとされるので、仮装をしたり地域のイベントやホームパーティに参加する楽し方となりました

仮装の由来

日本のお盆と一緒で死者の霊が家を訪ねるとされています

日本と違って悪霊や悪さをする精霊も一緒に来てしまうのだとか

その悪霊が家畜や子供を拐ってしまったり、作物に悪影響を与えると考えられているので、仮装をして悪霊を驚かして追い返す習慣が生まれました

近年では魔女やモンスターなどの定番キャラクターからゲームのキャラクターまで

幅広いコスプレがハロウィンを盛り上げています

Trick or Treat

hw2

フリー写真素材ぱくたそ

「トリック-オア-トリート」

お菓子をくれなきゃイタズラするよ

という意味

由来はサフィン祭ではなく、11月2日の『死者の日』になると成仏できない霊のために、クリスチャンが村から村へ「ソウルケーキ」を乞いながら歩いたんだとか

この「ソウルケーキ」と引き換えにその家で亡くなった家族の霊を天国に導くお祈りをすると約束して回る

その時の供養するためのケーキが「ソウルケーキ」

ソウルケーキを渡さないと霊が悪さをすると思われていたのです

つまり、ハロウィンでお菓子を貰う「トリック-オア-トリート」はこのソウルケーキが由来になります

ケルト民族を支配したキリスト教が反感を買わないように形を残したものがハロウィンなのです

ハッピーハロウィン

子どもたちから「トリックオアトリート」と言われたら「ハッピーハロウィン」とともにお菓子をあげましょう

ジャックオーランタン

hw3

フリー写真素材ぱくたそ

変換するとカボチャの絵文字が出てくる

ハロウィンと言えば仮装ともう一つ有名なのが『カボチャのランタン』

由来はケチで嘘つきなジャックがハロウィンの夜に魂をとりに来た悪魔を騙し、天国にも地獄にも行けなくなりました

元来たところに帰るように言われましたが、帰り道は真っ暗

悪魔の情けで地獄の火を分けてもらい真っ暗闇を彷徨い続けます

その際落ちていたカブをくり抜いてランタン代わりにしたんだとか

アメリカでは「カブ」より【カボチャ】の方が馴染み深かったので、カボチャでランタンを作ったのが広まりました

善霊を呼び寄せ、悪霊達を追い返す効果があるとされます

まとめ

実は複数の宗教儀式が合わさった文化のハロウィン

他の国に伝わるとともにその国独自の発展を遂げたのもハロウィン

今では宗教的な意味合いは薄いそうです

日本のハロウィンは日本独自の文化として仮装して盛大に騒ぐ文化でも良いのかなっと思います

問題は大量のゴミのポイ捨てや一部のマナーを守らない人がいること

そんな悪い子には悪霊にイタズラされるかも

文化を知って今年のハロウィンをさらに楽しみましょう

今日はここまで

ではまた明日

人生を「俯瞰」し思考をシンプルに「整え」生活をミニマムに「維持」する

ハチでしたー

Copyright © 2019 シンプルに生きる All rights reserved.