シンプルに生きる

〜Every Sunday Afternoon〜

【リフレッシュ】脳が動かない時の7つの対処方法

スポンサードリンク

片付けしたら身も心も楽になって旅に行きやすくなった"ハチ"です

頭がボーッとしてブログを書く気力が起きない

風邪気味なのか眠気も強い

「朝起きたらブログ書く!!」

寝ても解決しないので、脳が働かない時の対処方法を調べてみました

運動する

bw4

フリー写真素材ぱくたそ

血行を改善して脳に血液を送る

運動するとミトコンドリア(細胞小器官)の働きが元気になる

細胞が効率よく働くようになり脳のパフォーマンスアップに繋がる

カフェインを摂取するより10分程度の階段歩行がオススメ

また、運動すると筋肉がタンパク質(FNDC5)を放出

→海馬のBDNF(脳由来神経栄養因子)の濃度を高めてくれるのだとか

脳の神経発生、再生、保護、シナプス可塑性(かそせい)、新しい記憶の保持を起こさせる

など、『奇跡の肥料』と呼ばれています

日光浴をする

bw1

フリー写真素材ぱくたそ

【光】はミトコンドリアの栄養を供給する

テレビなどの光はこれには該当せず

自然の光がミトコンドリアを元気にする元

ミトコンドリアは肌にも目の中にもあるので太陽光を直接浴びることが最適

寝起きや仕事の合間に太陽光を浴びるのは良いこと

タンパク質を摂る

bw5

フリー写真素材ぱくたそ

タンパク質は脳の健康に欠かせない存在

アミノ酸を豊富に含む高タンパク質食材はニューロンを刺激してくれる

また、アミノ酸からは意欲に関わるドーパミンやセロトニン(幸せホルモン)などの神経伝達物質を作っている

タンパク質不足は神経伝達物質が鈍化し、思考や集中力を低下させる可能性も

コップ一杯の水を飲む

bw3

フリー写真素材ぱくたそ

水分が不足するとホルモンバランスが崩れて脳に影響を及ぼすのだとか

一度にたくさんの水を一気飲みすると危険なので、知的作業をする前はコップ一杯の水を目安に飲むこと

喉の渇きを覚える前に、こまめな水分補給が脳をサポートする

会って話す

脳の前頭前野は実際に誰かと会って話をすると活発に働きます

電話など直接会わずに話をしても、前頭前野は働かないそうです

一人悶々とブログネタを探すより、誰かと話したほうがヒントに繋がるのでオススメです

笑う

bw2

フリー写真素材ぱくたそ

【笑う】と意思や理性を司る大脳新皮質に流れる血流が増加する

→脳の働きが活発になり、海馬の要領が増え、記憶力がアップするとも言わめています

α波も増えてリラックスできるのだとか

さらに【笑う】と間脳に興奮が伝わり神経ペプチド(情報伝達物質)が活発に生産される

血液やリンパ球に乗って身体の隅々まで運ばれる

身体に悪影響を与える物質を退治してくへるNK(ナチュラルキラー)細胞を活性化してくれます

「笑うと免疫力が高まる」結果になります

誰かと話てもいい、お笑い番組を観るのも良し

口角を上げるだけでも脳が笑ったと勘違いして効果があるらしいので、意識して口角を上げてみるのもあり

睡眠をとる

脳のパフォーマンスが低下した時は「寝る」ことが一番

睡眠不足の悪影響は身をもって体験しているはず

脳が働かない時は十分な睡眠をとって脳をリフレッシュさせましょう

また、眠っている間は認知症を引き起こす要員の一つとされている物質を脳内から除去しているのだとか

まとめ

疲れた時や脳が働かない時の対処方法を

調べてみました

結果的に見れば充分な睡眠をとって、寝起きに水を飲む

朝日を浴びながらタンパク質たっぷりの朝ごはんを食べて移動時はエレベーターを使わずに階段を使うなど適度な運動をする

休憩時は一人で抱え込まずに人と直接会ってコミュニケーションを取りつつ談笑する

現代人に不足してる要素がたくさんあるような

脳を活性化させてエネルギッシュな日々を送りましょう!!

 

今日はここまで

ではまた明日

人生を「俯瞰」し思考をシンプルに「整え」生活をミニマムに「維持」する

ハチでしたー

Copyright © 2019 シンプルに生きる All rights reserved.