シンプルに生きる

〜Every Sunday Afternoon〜

苦しい時こそ笑えばいい!?幸せホルモンを上げる簡単な方法

スポンサードリンク

片付けしたら身も心も楽になって旅に行きやすくなった”ハチ”です

 

幸せホルモン

幸福度を上げて

ストレスフリーな生活へ

 

 

幸せホルモンとは

笑顔

フリー写真素材ぱくたそ

幸せホルモンとか

抱擁ホルモンとか呼ばれてます

その正体は「オキシトシン」

「飼い犬と飼い主が触れ合うことで互いに幸せホルモンが分泌される」

アメリカ「サイエンス」誌に掲載されて一時期話題になりました

覚えている方もいるのでは?

人と人との簡単なボディタッチでも分泌されます

現代だとSNSの普及で触っているのが常にスマホ

最近の怒りやすい人は

人とのふれあいが減少して「オキシトシン不足」が原因かもしれません

オキシトシン

ギリシャ語の「早く生まれる」が語源

女性の出産や子育てに関連するホルモンとして知られています

このホルモンが分泌されると以下のような効果をもたらしてくれると言われています

  • 幸せな気分になる
  • 脳・心が癒され、ストレスが緩和する
  • 不安や恐怖心が減少する
  • 他者への信頼の気持ちが増す
  • 社交的となり人と関わりたいという好奇心が強まる
  • 親密な人間関係を結ぼうという気持ちが高まる
  • 学習意欲と記憶力向上
  • 心臓の機能を上げる
  • 感染症予防につながる

このホルモンが分泌されると幸福度が増すので

「仕事サイコー!!人生たーのしー!!」

と思わせてくれます

これは上げないわけにはいかにですね

オキシトシンを上げる方法

恋人編

  • 触れ合う/スキンシップ
  • マッサージ
  • 見つめ合う
  • 抱擁/ハグキス

恋人がいる場合は

「イチャラブちゅっちゅ」すれば簡単に上がります

恋人いないけど親しい友人や家族はいる編

  • スキンシップ(同性でもOK)
  • 家族団らん
  • 友達と食事をする
  • 友達とカラオケにいく
  • おしゃべり
  • プレゼントを贈る
  • 人に料理を作る

親しい友人がる場合、同性でもいいので一緒に遊んだり

誕生日のプレゼントを贈ったり、とにかく心から楽しむと

オキシトシンが分泌されると言われてます

恋人がいないと鬱ぎ込むぐらいなら

人生を楽しんでる方が魅力的に映ります

社交的な気分も上げてくれるのが「幸せホルモン」

恋人も友達もいない編

  • 感動する
  • 感情を素直に表す
  • 親切を心がける
  • 思いやりの気持ちを呼び覚ます
  • ほ乳類とのスキンシップ(特に犬)

一人暮らしで恋人もいない、、、。そんな私は幸せになれないのか

そんな落胆することありません

喜怒哀楽

感情を素直に表現する

映画を見て感動したなら素直に涙を流しましょう

嬉しいことがあったら大きく喜びましょう

そうすると感受性がどんどん高まります

口角をキュッと上げる

一人でも簡単にできる方法として

口角を上げる方法があります

楽しいことがなくても口角を上げることは簡単です

スマホを見ている人は気づいてますか?

うつむいて難しい顔して、口もへの字なってますよ

嘘だと思うならスマホ見てる人の顔を観察してみてください

スマホいじってる人の顔が苦しい時の顔と一緒です

常に意識して口角を上げる癖をつけると

幸せホルモンを体験できると思います

まとめ

「おおかみこどもの雨と雪」の花さんが

祖父に教えてもらった言葉  

「苦しい時こそ笑いなさい」

前の仕事で残業が続いた時は疲れてくると

頬が下がって萎れた「ナス」みたいな顔になってました

すると一気に老け込みます

これを打開するために常に口角を上げるようにしました

「苦しい時こそ笑えばいい」

強く生きろとは思いませんけど

苦しくてあっぷあっぷしてる時に無理にでも笑顔を作ると

心に少し余裕ができます

俯瞰的にみて冷静な判断ができる

Let's Enjoy Lifeは口角を上げるところにあり

日本語だと「笑う門には福来る」

少しでも多くの方がストレスフリーな生活が送れますように

 

今日はここまで

ではまた明日

人生を「俯瞰」し思考をシンプルに「整え」生活をミニマムに「維持」する

ハチでしたー

Copyright © 2019 シンプルに生きる All rights reserved.