シンプルに生きる

〜Every Sunday Afternoon〜

投資の不安解消?!どんな知識よりも先に知っておくべきことは1つだけ

スポンサードリンク

片付けしたら身も心も楽になって旅に行きやすくなった"ハチ”です

 

投資

初心者

まず覚えること

 

 

投資初心者が決めること

f:id:hachi78smile:20190312142601j:plain 

フリー写真素材ぱくたそ

投資を始める時にどんな知識よりも先に知っておくべきことはった1つ

損きりルール」です

自分が投資に回せるお金はいくらか?

どれぐらい損失が出てもだいじょうか?

自分で許容できるか自分で把握してく必要が大切です

損きりルール

  • 保有している株などを売却して損失を確定すること
  • 損失拡大を食い止めることができる

最初にきちんと決めておけば、たとえ失敗したとしても致命傷を負わずに、投資ができます

損きりルール

投資に回そうとしているお金が10万円の場合、それを運用する中で8万円(ー2万円)になったら損きりする

みたいなルールです

これは個人で決める額なので9万円でもいいので前もって決めておきます

調べたところ、自分で決めるのがわからない人は「−10%」がいいみたいです

これなら3回失敗しても損失は元手の30%いないで済みます

フロッギーなら500円3株投資で1500円

30%損失でも一株50円づつで「ー150円」になります

この損きりルールで大切なことは「機械的に淡々と実行すること」

1年間は変えずに続けて見ることです

損をすると冷静になれない

「人は損を抱え始めると、買った値段に戻ることに期待してしまいます。冷静な判断が下せなくなってしまう」 

 買った値段が頭に強く残ってしまい「きっと買値ぐらいには戻るだろう」と考えてしまいます

初心者の場合は損失を取り戻すより損失を最小限にとどめるように考えも必要です

大きく株価が下がりそうな場合は一度売却し、安くなった時に買い戻すのもありです

投資で経験を積むことが大事

f:id:hachi78smile:20190312142807j:plain

フリー写真素材ぱくたそ

投資の準備は万全!!

あとは自分が理解出来る範囲で投資を始めます

損きりルールを「ー10%」と保守的に決めたのなら、日経平均株価などの指数と連動する投資信託やETFは値動きが緩やかなので取り掛かりやすそうです

値上がり益を確保するにはそれなりのリスクが伴います

「損失が出る」と覚悟できる人は個別銘柄を検討してみては?

自分の損きりルールに沿って投資対象を選びましょう

実際に投資をしてみて、資産額の増減が身を持ってわかるようになります

「新商品が出たから株価が上がった」

「株価が下がりだしたけどその原因は?その反動で今上がりだす?」

など値動きのロジックが少しづつ体験できるます

投資してなくても分かる人もいるかもしれませんが、自分で投資することによって自分事にできます

経験を次に活かせるようになります

株価の変動によって世の中の動きにも興味を持てるかもしれません

まとめ

 

持ち続けても株主優待で元が取れる場合があります

こちらのブログを参考にさせていただきました

www.guruguru.work

とにかくやってみないとわかりません

誰もが最初は初心者です

株で失敗しても借金はしませんが、収益を出したいですよね

株価の動きに注視してても損が出るときは出ます

そんな損失をできるだけ少なくする

投資初心者のハチさんが調べた中で大事だと思ったことを書きました

 

今日はここまで

ではまた明日

人生を「俯瞰」し思考をシンプルに「整え」生活をミニマムに「維持」する

ハチでしたー

Copyright © 2019 シンプルに生きる All rights reserved.