シンプルに生きる

〜Every Sunday Afternoon〜

【蓄え】贅肉と脂肪は貰えるなら貰いたい

スポンサードリンク

片付けしたら身も心も楽になって旅に行きやすくなった"ハチ"です

そんな肉あるの?

「私服だとさらに細く見えるねー!!もっと食べなよ!?なんなら私の贅肉分けてあげたいわー(笑)」

よく言われるけど

今回疑問に思ったのは

「贅肉あげたいわー」の「贅肉」

本当にこのお肉は存在するの?

筋肉以外にお肉はあるの??

脂肪じゃないの??

そんな疑問から調べてみましたー

 

贅肉 

029-1

フリー写真素材ぱくたそ

「贅沢なお肉」と書いて贅肉

読んで字のごとく

筋肉とは別にあるお肉

生きていくには必要としてないお肉のこと

比較的体の表面に付くお肉

 

贅肉の原因は糖質

 

ビールっ腹って言われるやつですね

甘いものやビールなどに多く含まれている糖質

また、炭水化物の取りすぎも贅肉の原因になります

炭水化物→体内で糖質へ変化

手軽に菓子パン食べてると贅肉が付くんですね

 

贅肉の落とし方

運動しないで落としたいなら糖質制限

  1. 甘いものをやめる
  2. ビールを減らす

贅肉の元を断つ方法

 

運動するなら筋トレがお勧め

贅肉を落とすには筋トレが一番

糖質は筋トレなどの瞬発的な運動をする時に

効率的に燃焼します

 

家でできる筋トレなら

V字腹筋やスクワットなど

糖質制限とセットで行うと効率良く贅肉が落とせます

 

贅肉は「贅沢なお肉」

運動してない身体の周りに付いてるお肉

逆に言えば

運動する時にはエネルギーになる蓄え

 

脂肪 

029-2

フリー写真素材ぱくたそ

生きるのに必要なもの

いわゆる体脂肪

過剰摂取すると内臓脂肪になり

かなり落ちにくいので大変

 

脂肪が落ちにくい原因は

「生きるのに必要」だからです

 

動物性の脂や油料理なんかで付いてきます

 

脂肪を落とすには有酸素運動

走ったり泳いだら自転車漕いだりの運動

脂肪は持久力を必要とする動きで効率良く燃焼してくれます

 

ハチさんの場合

仕事終わりにロードバイクで4kmほどクライミングすると

身体の奥の方からエネルギーが湧いてきます

 

有酸素運動は長い時間続けないと効果が出ません

有酸素運動開始から20〜30分ほどで燃焼が開始されます

時速20km/hで10km走ると燃焼が開始されます

ロードバイクなら1時間でいい感じの運動になる

 

効率良く落とすなら

水泳が一番

水の中でいつもより筋肉を強く動かし

なおかつ有酸素運動で長い時間運動し続けられるます

 

筋肉 

029-3

フリー写真素材ぱくたそ

身体を動かしてるお肉

生きていくのに一番必要なもの

燃焼順でいうと

  1. 贅肉
  2. 脂肪
  3. 筋肉

生きていくエネルギーが足りなければ

筋肉を燃焼させてエネルギーを作り出します

最終手段なのであまり起きないです

 

筋肉の元はタンパク質

身体を構成している重大な要素なので

タンパク質をしっかり摂って

代謝のいい身体造りも一緒に目指すのが理想系

www.ggg750.com

 

エコロジー

贅肉と脂肪は分けて貰えるなら分けてもらいたい

痩せてるハチさんは高カロリーな食べ物と、筋肉を作る高タンパク質な食べ物を買っている

しかし

贅肉や脂肪はラクダのコブと同じもの

生きるのに必要なエネルギーとは別の蓄え

タンパク質を取りつつ、エネルギーは体内にあるものを使う

凄いエコ活動

 

まとめ

贅肉は存在しました

主に糖質でできているので

贅肉は筋トレで燃焼

脂肪は有酸素運動で燃焼

ロードバイクでは脂肪を主に燃焼できます

日々の筋トレで贅肉も燃焼できる

両方できるのが水泳

ボディメイクに水泳をしてみてはいかがでしょうか

 

今日はここまで

ではまた明日

人生を「俯瞰」し思考をシンプルに「整え」生活をミニマムに「維持」する

ハチでしたー

Copyright © 2019 シンプルに生きる All rights reserved.